頭皮にも繁殖する細菌の正体

頭皮には様々な細菌が潜んでいる

細菌というのは身体だけでなく、頭皮にも存在していることをご存知でしょうか。
しかし、細菌といっても全てが悪い菌ではありません。
中には、いい働きをしてくれる細菌もあるのです。
頭皮に潜む細菌には、大きく分けて二つの種類があります。
その種類は、常在菌と一時菌と呼ばれるものです。
常在菌は別名善玉菌とも呼ばれており、頭皮にいい影響を与えてくれます。
悪い細菌を攻撃して死滅してくれる働きや、菌に打ち勝つ抵抗力を高めてくれる効果、ターンオーバーによって剥がれた皮膚を排除してくれる効果、代謝機能を上げてくれる効果などといったものが期待できます。
主な常在菌の種類として挙げられるのは、黄色ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌と呼ばれる菌です。
これらの常在菌は、人間の頭皮におよそ980億個も潜んでいることが分かっています。
一方で、一時菌とは身体にあまり良くない影響を及ぼす悪玉菌です。
一時菌は、常在菌と違って外から付いてくるものです。
この細菌が繁殖してしまうと、頭皮にかゆみやフケが出てくるようになります。
一時菌の主な種類は、連鎖状球菌、大腸菌、枯草菌、緑膿菌などといったものです。
私たちは普段、外からいろいろな細菌をもらってきます。
頭皮にダメージを与えることもありますので、シャンプーなどでこれらの細菌を排除することが大事です。

頭皮がかゆくなる原因はダニの影響もある

頭皮にかゆみやフケが起こる原因としては、悪玉菌のほかにもダニによるものがあります。
人間の身体には、皮膚ダニやニキビダニと呼ばれるものが潜んでいます。
これらのダニは、皮膚の毛穴に多く見られます。
頭皮のほか顔や身体などの毛穴には、たくさんのダニが存在しているのです。
特に頭皮は毛穴の数が多いため、ダニが繁殖すると大変なことになります。
繁殖が進むと、最大で30万匹ものダニが頭皮に生まれてしまいます。
しかし、これらのダニは必ずしも頭皮に悪影響を及ぼすというわけではありません。
通常、皮膚ダニというのは毛穴に詰まった皮脂を排除し、綺麗にしてくれるという作用があります。
適度な数であれば問題ないのですが、これが異様に増えてくると頭皮にダメージを与えることになるのです。
皮脂量が異常に少なくなるため乾燥肌を引き起こしたり、頭皮に必要な栄養素を奪ったりといった問題が発生します。
その結果、頭皮のかゆみやフケが起こるのです。
ダニが増殖しないためにも、頭皮の清潔を保つように心がけましょう。

頭皮のダニや悪玉菌を繁殖させないためには

人間の頭皮に数多く潜むダニや悪玉菌。
完全に死滅することは良くありませんが、増え過ぎると頭皮に様々なダメージを与えてしまうと言われています。
そのため、繁殖を防ぐことが肝心です。
その効果的な方法として挙げられるのは、毎日シャンプーをして頭皮を綺麗にすることや、ヘルシーな食事を心がけること、規則正しい生活習慣を送ることなどといったものです。
特にシャンプーは重要なポイントとなります。(参考サイト:haruシャンプー 抜け毛
シャンプーをせずに汚れを落とさないでいると、ダニや悪玉菌がどんどん繁殖していきます。
そのため、毎日欠かさずお風呂に入ってシャンプーをすることが大事なのです。
これらのケアを心がけ、ダニや悪玉菌の増加を防ぎましょう。


PR:とうきのしずく 効果を検証!とうきのしずくスターターセットを使ってみた体験談掲載中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>